狩猟事故・違反防止のお願い

脱砲確認イメージ画像

いよいよ狩猟シーズンの到来が目前となりました。
今年は、ツキノワグマ・イノシシ・ニホンジカの狩猟解禁が 11月1日に前倒しとなり、カモ猟の解禁と重なりました。
皆様におかれましては、次の点にご注意の上、事故や違反のない楽しい猟期を過ごしていただきますようよろしくお願い申し上げます。
※秋田県は8年連続して無事故更新中です

実包等の取扱いについて

火薬類に関する法令では、実包などの火薬類を車両に置いたまま車両から離れる際は見張りを置かなければならないことになっています。カモ猟の行き帰りでクマと遭遇しても、車内にカモ猟の実包を放置して、大型獣に使用する実包のみを持って車両を離れることのないようにお願いいたします。

狩猟事故・違反防止のための遵守事項

  • 発射する時以外は実包を装てんしない
  • 共猟者からも識別しやすい服装の着用
  • 獲物と確認できるまでは発射しない
  • 地形や周囲の状況など矢先の安全確認を徹底する
  • 銃の安全点検の励行と体調不良時は無理をしない

このページに関するお問い合わせ

秋田東警察署