• 仙北警察署
  • 2020年05月20日
  • コンテンツ番号230

地域安全メール配信内容

配信年月日:令和2年5月13日
件名

マスク送り付けに注意!!

発信内容

 新型コロナウイルスに便乗し、注文した覚えのないマスクを送り付けて代金を請求する悪質商法に関する相談が増えています。
 身に覚えのないマスクが届いた場合、
  ・ 注文したか落ち着いて考える
  ・ すぐに開けない
  ・ 注文していなければ受取を拒否する
  ・ 代金引き換えの場合は、支払や受取を拒否する
など適切に対応し、商品を受け取ってしまった場合、
  ・ お金を払わない
  ・ 送付先に電話をしない
  ・ 送られてきた荷物は開けない
ようにして警察署か最寄りの交番・駐在所に相談してください。
 

配信年月日:令和2年4月28日
件名 電子マネー被害の詐欺にご注意!
発信内容

  県内において、パソコンを操作中、画面に表示された連絡先に電話したところ、ウイルス駆除代金を電子マネーで請求されるという被害が確認されています。
 手口としては、パソコンを操作中、「ウイルスに感染しています。ここに連絡してください。」などと警告画面が表示され、表示された連絡先へ電話すると、ウイルス駆除代金を、コンビニ等の電子マネーで請求されるというものです。
 このようなものがパソコンの画面に表示されても、表示されている連絡先へ電話をすることなく、画面をすぐに閉じるとともに、警察署へ相談してください。

配信年月日:令和2年4月22日
件名

特別定額給付金(仮称)の給付を装った不審メールに注意!

発信内容

 新型コロナウイルスの関係で、特別定額給付金(仮称)の給付が決定しましたが、全国で、この給付金の給付を装った不振メールが確認されています。
 メール本文に、詳細確認と手続に移行するためのURL(実際は悪質サイトに移行)が添付されており、こちらにアクセスさせて、個人情報や銀行口座の暗証番号を聞き出そうとすることが考えられます。
 給付金の給付に際して、国や市町村がATMの操作や手数料、個人情報や銀行口座の暗証番号を求めることはありません。
 このようなメールが届いたら、メールを開くことなく、無視するとともに、すぐに警察署へ相談してください。

このページに関するお問い合わせ

仙北警察署