• 警備部 警備第二課
  • 2020年01月27日
  • コンテンツ番号495

〜平素から携帯ラジオを準備し、災害時は正しい情報を入手しましょう〜

    • 災害が発生した場合は、正しい情報を早期に入手することが大切です。
    • 噂やデマに惑わされないようテレビ、ラジオ等の広報に注意しましょう。
    • 東北地方太平洋沖地震とその余震では、長時間にわたる停電を経験しました。
    • ラジオは、停電時にも住民に情報を届けるメディアとして非常に有効です。
    • 平素から携帯ラジオを準備し、グラッときたら身の安全を守り、ラジオのスイッチを入れましょう。

※秋田県警察本部と秋田市は、東北地方太平洋沖地震とその余震による長時間にわたる停電の経験から、ABS秋田放送及びエフエム秋田の2つのラジオ放送機関と、平成23年4月27日、「災害時における放送に関する協定書」を締結し、災害情報を早期に、かつ、広く提供・放送することにしております。

このページに関するお問い合わせ

警備部 警備第二課