• 犯罪被害者支援室
  • 2020年11月01日
  • コンテンツ番号2110

犯罪被害者支援大学生ボランティアについて

 秋田県警察では、地域全体で被害者を支え、被害者も加害者も出さない街づくりを推進しています。
 本事業は、将来、社会を担う大学生を対象にボランティアを募集し、犯罪被害者支援に関する研修や広報啓発活動への参加を通じ、犯罪被害者等の実情や支援の重要性について理解を深めることにより、地域社会全体で犯罪被害者等を思いやり、支える気運を醸成することを目的としています。

   

          


○ 令和3年6月30日 道の駅あきた港 ポートタワーセリオン
  『犯罪被害を考える日』について広く県民に周知するための街頭キャンペーンを実施しました。
  秋田臨港警察署員や秋田被害者支援センター支援員と共に、広報啓発資料を配布したほか、館内放送で『犯罪被害を考える日』に関して呼びかけを行いました。
  

 [217KB]

街頭キャンペーン

 [179KB]

館内放送


○ 令和3年6月17日 登録式 
  本部長から登録書の交付を受け、代表者が誓いのことばを述べました。
  

 [275KB]

登録書の交付

 [233KB]

誓いのことば

    

 

このページに関するお問い合わせ

犯罪被害者支援室