• 警務部 警務課
  • 2021年01月07日
  • コンテンツ番号3107

 秋田県警察では、犯罪被害者等に配慮し協力する気持ちを育み、規範意識の向上を図ることを目的に、県内の小学校・中学校・高等学校で「命の大切さ学習教室」を開催しています。
 交通事故や殺人事件でお子さんを亡くされた遺族が学校で講演を行い、犯罪被害者等が受けた様々な「痛み」、家族の絆や命の大切さ、さらには、犯罪の起きにくい社会を希求する被害者の思いなどを、将来を担う子どもたちに伝えています。

 運転免許センターには、教室に参加した児童生徒が講師(遺族)に宛てて思いを記した手紙を常設展示しています。
 この手紙は、県庁や警察本部、警察署のほか、犯罪被害者週間「県民のつどい」等の会場においても展示し、多くの方に子供たちの思いが届くように活用しています。

講演を聴講した子供たちの手紙から

講演終了後に講師(遺族)に宛てて思いを記した手紙の一部を紹介します。

 ♦小学生
  ・簡単に「死にたい」と思ったり言ってはいけないことや、命の大切さが改めて分かりました。
   いくら自分が交通事故に気をつけていても、スピード違反や飲酒運転など、相手が気をつけているかは分からないのでこわいなと思いました。

 ♦中学生
  ・どんな小さなルールでも守る、いじめをしたり人を傷つけるようなことは言わない、加害者にも被害者にもならないように考えて行動することを誓います。

 ♦高校生
  ・今年、車の免許を取る予定です。運転するということは、責任を持たなければならないし、加害者になる可能性が高くなるので、交通ルールには、本当に気をつけていきたいです。

令和2年度「命の大切さ学習教室」開催校  [107KB]

6月10日(水) 県立西仙北高等学校
7月2日(木) 秋田市立上新城小学校
7月3日(金) 県立本荘高等学校定時制
7月20日(月) 能代市立能代第一中学校
7月21日(火) 由利本荘市立岩城中学校
10月7日(水) 横手市立横手南中学校
11月4日(水) 大館市立桂城小学校

 [133KB]

秋田市立上新城小学校

 [135KB]

能代市立能代第一中学校

 [131KB]

県立西仙北高等学校

 [391KB]

運転免許センター

手紙の掲示状況の様子です。

このページに関するお問い合わせ

警務部 警務課