• 大館警察署
  • 2020年01月31日
  • コンテンツ番号841

高齢者の交通事故防止についてのお願い

夜の道 あなたを守る 反射材

日増しに夕暮れが早くなってきておりますが、夕暮れ時から夜間にかけての高齢者の道路横断中の交通死亡事故が多発する時期です。

県警察では、日没前の早い時間帯のライト点灯を呼びかけるほか、夕暮れ時から夜間に効果のある夜光反射材の普及・活用、夜間走行時の前車や対向車がない場合のライト上向き走行の励行を図る運動等を展開して、夕暮れ時から夜間の交通事故防止を図ります。

夜間の交通事故防止
歩行者の皆さんへ
  • 外出するときは、明るい色の服装や夜光反射材を着用しましょう。
  • 靴、帽子、バック、傘などの持ち物には夜光反射材をつけ自分の存在を知らせましょう。
  • 道路を横断するときは、車が来ないことを確認して横断しましょう。
自転車利用者の皆さんへ
  • 自転車には、前後や横からも見える場所に夜光反射材をつけましょう。
  • ライトを、必ず点灯しましょう。
  • 交差点では、右左折車に注意して渡りましょう。
ドライバーの皆さんへ
  • ライトを早めに点灯し、上向きと下向きの切り替えをこまめに行いましょう。
  • 前車や対向車がない場合はライトの上向き走行を励行しましょう。
  • ライトの届く距離内で、安全に停止できる速度で走行しましょう。

このページに関するお問い合わせ

警察署 大館警察署