• 警務部 警務課人事・採用係
  • 2020年05月11日
  • コンテンツ番号2344

(共通)

  • Q1 初任給はいくらですか
  • Q2 手当はもらえますか
  • Q3 休みは取れますか
  • Q4 旅行はできますか
  • Q5 宿直はありますか
  • Q6 残業はありますか
  • Q7 転勤はありますか
  • Q8 希望の警察署(警察本部)で働くことはできますか
  • Q9 研修などで知識や技能を向上させる機会はありますか

(警察官)

  • Q10 交番ではどんな仕事をしますか
  • Q11 刑事や白バイ隊員になるにはどうしたらいいですか
  • Q12 どうしたら昇任できるのですか
  • Q13 女性警察官は仕事や昇任をする上で不利になりますか
  • Q14 女性が活躍できる仕事はありますか
  • Q15 語学などを生かす仕事はありますか

(警察行政職員)

  • Q16 警察事務はどんな仕事をしますか
  • Q17 警察事務に制服はありますか
  • Q18 音楽隊やカラーガード隊になるにはどうしたらいいですか

Q1 初任給はいくらですか

 A 初任給は以下のとおりです。(令和2年4月1日現在)

   警察官(女性警察官)A  211,830円

   警察官(女性警察官)B  172,364円

   警察事務(大学卒業程度) 181,928円

   警察事務(高校卒業程度) 149,610円

  その他、職務経歴等を考慮し初任給を決定しています。

Q2 手当はもらえますか

 A 宿直手当・扶養手当・住居手当・通勤手当・期末手当・勤勉手当・寒冷地手当等が支給要件に応じて支給されます。

 また、採用と同時に勤務に必要な被服(制服・シャツ・短靴等)が貸与又は支給されます。

Q3 休みは取れますか

 A 年次休暇・夏季休暇・病気休暇・ボランティア休暇・結婚休暇・出産休暇・介護休暇等が取得できます。

 このホームページでは、取得日数を公表しています。詳細は、「「秋田県警察におけるワークライフバランス等の推進のための取組計画」及び実施状況について」をご覧ください。

Q4 旅行はできますか

 A できます。

 警察職員だから旅行はできないなどということはありません。いい仕事をするためにはリフレッシュする時間も必要です。

Q5 宿直はありますか

 A 警察官も警察行政職員も基本的には宿直があります。

 警察署だけでなく警察本部にも宿直があり、連携して事件・事故等の対応に当たります。

Q6 残業はありますか

 A 必要に応じて残業があります。

 事件・事故への対応や災害対策等、県民の要望に応えるため、残業が必要な時もありますが、勤務時間内に業務を終えることができるよう、業務の合理化・効率化を図っています。

Q7 転勤はありますか

 A 毎年定期人事異動があり、該当者は異動先の警察署(警察本部)へ転勤することになります。

 異動までの年数には個人差があります。

Q8 希望の警察署(警察本部)で働くことはできますか

 A 異動先に関しては、本人の希望は年に1回調査し、人事異動に反映される仕組みになっていますが、組織を運営する上でパワーバランスも必要ですので、能力や適性などを総合的に判断して決まります。

Q9 研修などで知識や技能を向上させる機会はありますか

 A あります。

 各階級の幹部研修のほか、実務に直結した研修・教養があり、自己の能力を高めることができます。

Q10 交番ではどんな仕事をしますか

 A 交番の仕事は幅広く、地域のパトロール・巡回連絡、犯罪の予防・検挙、交通の指導取締り、落とし物の・拾い物の受理、高齢者・迷い子の保護などがあります。

 3交替制(当番・非番・週休)勤務を基本としています。

Q11 刑事や白バイ隊員になるにはどうしたらいいですか

 A 希望を叶えるために、今の立場で何ができるのかを考えて行動することです。

 わからないときは、先輩の刑事や白バイ隊員に聞いてみてください。いいアドバイスがもらえると思います。

Q12 どうしたら昇任できるのですか

 A 各階級の昇任試験に合格すると昇任できます。

 受験に必要な勤務年数を経過した者を対象に、毎年公正な昇任試験が行われます。学歴・性別等に関係なく、実力と努力によって昇任することができます。

Q13 女性警察官は仕事や昇任をする上で不利になりますか

 A なりません。

 何をするにも男女平等ですので、性別によって有利・不利ということはありません。

Q14 女性が活躍できる仕事はありますか

 A 多数あります。

 女性からの事情聴取や子供に対する安全教育など、女性が必要とされる仕事が多数あります。

Q15 語学などを生かす仕事はありますか

 A あります。

 訪日外国人の増加や国際化の発展に伴い、外国語を活用する機会は非常に多く、様々な部門で語学の能力を生かすことができます。

Q16 警察事務はどんな仕事をしますか

 A 警察活動に必要な物品の購入・管理、落とし物に関する事務、職員の給与や手当の管理・支給、人事・採用に関する業務、情報システムの開発・運用・管理、運転免許に関する事務、鑑識に関する業務などがあります。

 警察官と同様に、警察本部又は警察署で勤務します。

Q17 警察事務に制服はありますか

 A ありません。

Q18 音楽隊やカラーガード隊になるにはどうしたらいいですか

 A 経験の有無は関係なく、希望と努力次第でなることができます。

 音楽隊やカラーガード隊は、「県民と警察の音のかけ橋」として、県内各所で活動しています。

このページに関するお問い合わせ

警務部 警務課人事・採用係